★★★ぼくと★★★

夫婦と、犬と猫と蛇とジャングルが同居中。人間より動物の方が多い家の日常奇談。甲斐犬交じりの雑種犬マイキー、シマヘビのクロとシマ、ヒマラヤン交じりの雑種猫ノコちゃんとの話が多め。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

いたいけな化石と岩石の巻 

まじろう

こんばんは、仕事の後の昼飯と夕飯の時間が近すぎて困っちゃうまじろうです。
夕飯の支度しなきゃいけないっつっても食欲がまるで湧かないぜぇ!(でも食う)

今日は母上が「断・捨・離!」とか言ってるうちに掘り出された私の過去のとある経歴の話です。



思い出珍事件シリーズ

母と娘編:1
~いたいけな化石と岩石の巻~




今までの珍事件シリーズはこちらから↓


↑New ↓Old

思い出珍事件シリーズ↓

≪ヘビズ編≫
その1 その2 その3

≪むじろう入院編≫
その1 その2 その3

≪ジジイ編≫
その1 その2 その3 その4

≪ウリ編≫
その1 その2



母上が取り出したのは私の幼稚園の頃の「読書表」なるものでした。
それは何かと申しますと、20云年前に私の通っていた幼稚園では、金曜日に図書室から本を借りて行く習慣がありました。
借りた本は週末~1週間をかけて自宅で保護者と一緒に読みます。
保護者たちは「読書表」に感想・題名・日付を記録して担任の先生に提出する決まりになっていました。
んで、それに先生がコメントをつけてまた返す……という具合。

2年分で何ページもあるのですが、一部分を切り取るとこんな感じ↓
i-other-100.jpg

なんとも微笑ましい母と先生のやりとりが綴られています……が!
上から2段目がおかしい。

i-other-97.jpg

しんせつなともだち★
ぐるんぱのようちえん★
ことろのばんば★
化石と岩石。

温度差がありすぎである。
違和感のあまり、一行だけ文字がものすごい太字明朝体に見える不思議。
いやまて、もしかしたら、「化石くん」と「岩石くん」とかいう男梅のキャラクターみたいなやつが、喧嘩したりライバル視したりしながらも、真の友情を築き上げるハートフル児童文学かもしれ……る訳なくてですね。
母の文章からしても、どう見てもA3もしくはB4のフルカラー写真つき図鑑と思われます。
あの図書館の子供コーナーとかにもあるでしょ、分厚いけど、フルカラーで写真の多い図鑑。
もしかしたら空気の読めないマジ図鑑だったかもしれませんが、まあ、なんだ、読みたかったのでしょうね(どうした私(4歳))
2段目以外の他の段にも数えきれないシュールさが隠れていますが、時間がないので割愛。


そういえば、幼稚園の自由工作で原始的なスライド(透明フィルムにペンで描いたものを左右反転してスクリーンに投影するマシンがあった)を使って遊んだことがありました。
友達と一緒に透明フィルムにドレスを着た女の人の絵を一生懸命描く私。
私の描いていたドレスはウェディングドレスのような白だったので、白のポスカで色を付けていました。(本当はフィルムに光を通すために水彩のサインペンで半透明に色を付ける)


先生「あ、まじろうちゃん! ポスカで塗ると、白く塗りつぶした部分が光を通さないから、黒くなって映っちゃうわよ

まじろう「ああー、そっかあ! こりゃダメだね。新妻なのに喪服になっちゃう

友達「なにそれー」


何気なく言ったその一言に先生たちが発作のように大爆笑して、しかも話を聞いた母上にまで笑われた覚えがあります。
当時は何がそんなに面白いのかサッパリわからなかったのですが、園児の口からドギツイ上におませな言葉がイキナリ出てきて、しかも周りの同級生が「???」状態になっていたら、さぞシュールだったことでしょう。
どこでそんな言葉覚えたのやら……ウリの飼い主だった祖母の可能性が80%(記憶にございません)



さて、さきほどの「読書表」ですが、もう1ページ載せてみましょう↓

i-other-98.jpg

かちかちやま♪
きれいなはこ♪
きんぎょのひるね♪
電気。

i-other-99.jpg

どうした私(4歳)
先生のコメントの「ママが喜ぶと言っていました」とは何事ぞ。
いや、私はわかるんです。
母は雷が鳴っているとテンションが上がっちゃう人間なんです。
強い静電気が起きると楽しくなっちゃう人間なんです。
だから確かに「母は電気で喜ぶ」という発想に繋がるんです。
しかしそれだけ言われた先生はさぞ意味がわからなかっただろうなと考えると、ふはは、非常にシュールですね(何喜んでんだ)


他のページでは、バーバパパシリーズを暫く読まなかった私について

母「最近バーバパパは読んでいないようです」

先生「「バーバパパは卒業したの!」と言っていました」

とかやっておりました。(しかも後日読んだから卒業できてない)
また、弟の方の「読書表」も出てきたのですが、そっちはそっちでシュールな状態になっておりまして。
読んだ本の4割が私とかぶっておりました。
しかもそのほぼすべての感想が「お姉ちゃんが読んでくれたから知っていたそうです」という手抜き具合。
弟の要領が良いのか、母が手抜きを覚えたのか、判断が難しいところですね!(両方だと思うよ)
もちろん弟が自力で読んだ本もあり、ちゃんと感想をやりとりしていましたけどね。

とまあ、懐かしい話をしたところで今日はこの辺で!
話のオチとしましては、結局母の「断・捨・離!」は中途半端に終わりました(読んで楽しんだらしっかり「読書表」を仕舞い込んだ件)



最近間が空きやすくなっているので、また気を引き締めて頑張りますよー!
それではアビアントー!



ぽちっと押していただけると励みになります
スポンサーサイト

category: おもいでと

thread: 家族 - janre: 結婚・家庭生活

tag: 母娘  読書  幼稚園  読書感想 
TB: 0    CM: 1

コメント

Re: 祝!初コメ!

えりりんだwww
コメント気づいてるよー!

ゲリラ豪雨で水没かと思ったら、彼だったとはね(笑)
おもちゃ箱とかじゃなくて、なぜトイレだったんだろうね。
これを機に「トイレに宝物を沈めるのが楽しくなっちゃった!」とかならないといいねw
そんなこんなで元気にもうすぐ2歳だね! 私まで嬉しい!
また会った時に話すネタが増えたね(笑)

携帯からメールしてみたから、見れてることを祈る!

URL | まじろう #-

2014/08/23 12:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://majiroxmujiro.blog.fc2.com/tb.php/97-28497d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

参加しています

最新記事

カテゴリ

カレンダー

天気予報

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。