★★★ぼくと★★★

夫婦と、犬と猫と蛇とジャングルが同居中。人間より動物の方が多い家の日常奇談。甲斐犬交じりの雑種犬マイキー、シマヘビのクロとシマ、ヒマラヤン交じりの雑種猫ノコちゃんとの話が多め。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

腹焦げてっから!の巻 

まじろう

こんばんは、あまりにも間が空きすぎて書く気力を復活させるのに大分かかったまじろうです。
まあ、更新に穴が開くたびに気力を損なっていたらものは続きませんね。
あーだこーだ後悔する前にとにかく書けばいいんだよ!
躓いたってまた走り出せばいいんだよ!
時間は戻らないんだから!
ちょっとサボっちゃってもね案ずるより産むが易しとも言いますからね!(「継続は力」という言葉もあるがな)

屁理屈を捏ねきれずに苦しくなってきたところで、何はともあれ 復・活!!
むじろうは多少の食事制限はつきましたが、元の生活に戻り、平和に暮らしております。
退院した日が丁度「いきものマーケット」の日だったので、ちゃっかり行っちゃったもんね!
楽しそうにあちこち見ていて何よりでした。
相変わらずブログ更新はヘラヘラ言ってサボってますけどねー!

さて今日はむじろうのお祖父さんであるGさんの話の続きを書いてしまいましょう。



思い出珍事件シリーズ

ジジイ編:2
~腹焦げてっから!の巻~




今までの珍事件シリーズはこちらから


↑New ↓Old

思い出珍事件シリーズ↓

≪ウリ編≫
その1 その2

≪ジジイ編≫
その1




前回は炬燵の脚に絡んだ電源コードをGさんがぶった切る所で終わっていましたね。
ええ、ぶった切ったんですよ。鉄のごっついハサミで。
何を言ってるのかわかないと思いますが、そのまんまなんだから仕方ない。
恐らくGさんの考えとしては……


絡むコードを引っ張ってみたが脚から外れない

(腕だけでJを持ち上げるほどの怪力で)もっと引っ張ったが外れない

どうやら力加減の問題ではない

ハサミで切っちゃう?

それで絡まりを解いた後にもう一度結び直せばイイんじゃない?

キタ名案!!!

バツーン!!!(コードぶっちぎる)


J・むじろう「えっ!?」


異常な破裂音を立てて夜に大停電したむじろう実家。
「名案」どころかご近所と「明暗」を分けることになってしまいましたね!(苦しい言葉遊び)

1階で料理中に電子レンジとオーブンと冷蔵庫が一度に切れて大慌てのJ、3階で勉強中にストーブも電気も消えてびっくりのむじろう、それぞれ別の場所にいたので状況が飲み込めなくて大混乱です。


むじろう「なんだ? Jー? ブレーカー落ちたー?」

J「えー? いやー……落ちるほど使ってないんだけど……えー、でも私が使いすぎたってことー? とりあえずブレーカー見てみるわ」

むじろう「よろしくー」

J「今ブレーカー上げたよー! あ、点いた」


幸いブレーカーを上げることで電気は回復しました。
しかし彼らは知らなかったんですよね、この停電はGさんが原因だということ、つまりGさんが今何をしているのかということを。
まあ、10人中10人は原因を察することが出来ないと思いますが。


J「お爺ちゃんは大丈夫だったかしら?」

むじろう「テレビ観てるだけで意識があったりなかったりするんだから大丈夫なんじゃないの?」

J「停電したことに気づいてなかったりしてね~」


と、微笑ましい会話をしながらお爺ちゃんの部屋のドアを開けた2人の目に飛び込んできたのは……


パァン!

パパァン!



切れた電気のコードを真剣な顔で結ぼうとしているGさん現る。
座椅子に寝っころがったまま、腹の上でコードの断面同士をくっつけたり放したり。
その度に軽快な音を立てて断面の間で散る火花!
それを全く焦らずに見つめるGさんの鋭い眼差し!
そして順調に焦げてるGさんの服(腹部分)!


むじろう「は!? え、いや、……は!?

J「オジーサーン!? 何してる!?」

Gさん「ええい、うるせい! 邪魔すんじゃないよ!

むじろう「いや、馬鹿か! 腹焦げてっから!


瞬時に「停電の原因はオマエかい!」と理解したむじろうは呆れ、Jはパニックになるわ、Gさんは火花散らすわ焦げるわで、色々と賑やかだったある夜の出来事でした。
後日、Jは全く悪びれないGさんにプリプリしながら新しい炬燵を買いに行ったとかなんとか。

しかし、「コード切って、もう一度くっつけりゃイイジャン!」の考えは辛うじて分かるとして、なぜ結ぼうとしたんだ。
コードの断面同士をぴたりと元通りくっつけるならともかく、結んでも電気は通らないぜ。
一歩間違えば自分が電気の導体になるところですよ。
何はともあれ、これで全く無傷だったっていうんだから、生命力にあふれたGさんでございました。


Gさんエピソードはまだまだいっぱいあるのでいつかまたお話するかもしれません。
次は動物たちの話になるかな?
それでは、アビアントー!



ぽちっと押していただけると励みになります

スポンサーサイト

category: おもいでと

thread: 我が家の事件 - janre: 結婚・家庭生活

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://majiroxmujiro.blog.fc2.com/tb.php/59-8e5e7d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

参加しています

最新記事

カテゴリ

カレンダー

天気予報

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。