★★★ぼくと★★★

夫婦と、犬と猫と蛇とジャングルが同居中。人間より動物の方が多い家の日常奇談。甲斐犬交じりの雑種犬マイキー、シマヘビのクロとシマ、ヒマラヤン交じりの雑種猫ノコちゃんとの話が多め。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

4息子がそれぞれ大変の巻 

まじろう

こんばんは、授乳の合間に映画やってて、『ハンガーゲーム』と『プロメテウス』の二者択一という選択を迫られたのですが判断ミスをして消化不良のまじろうです。
くっそ、『プロメテウス』観ておけばよかっt(それはつまり……)

i-sima-41.jpg
「今日は俺らの話だぜえ」

ヘビズの通院に、息子のアトピーらしきもの、マイキーのストレス発散と、問題山積みで
振り回されて寝不足続きだったもんで、すっかり間が開いてしまいましたー!
いやー、もうニョロニョロしたのもワンワンしたのもバブバブしたのも全部の息子が色々大変な目にあっていたので困った困った!
今回は現状報告です。


【ニョロニョロした奴~クロに謎の突起出現~】

ニョロニョロといえばヘビズ。
2週間ほど前の水槽掃除中、久々に息子が寝ているのでクロをハンドリングしてたんですけど……


まじろう「んあ? 何この突起……」


クロの体の真ん中あたりの背骨がボコッと突起状になって突き出ているではありませんか。
ナニコレナニコレ!?!?!?!?!
ヘビズの異変とか、もう何が起こるかわかったもんじゃないので久々に心臓がバックバク!
育児をしてると不安だらけとは言いますが、ヘビズに比べたら、同じ人間である息子の方がまだわかりやすいよ!情報も多いしね。
餌を食べた2日後だったので、消化していないものが残ってるのかと様子見。

2日後


まじろう「同じ場所にあるねえ……」


いつもならウンチをしている日なのに、ウンチはしてるけど、突起は消えてなーい。
もう動物病院行きですよ!
いつもマイキーがお世話になってる超いい先生が爬虫類も見てくださるので、むじろうに息子とマイキーを預け、私はクロと病院へ。
夕べも全然授乳で寝れなかったんだけど、クロちゃんのためならエーンヤコーラ!
自分で病院に行かないと心配で納得いきません。


先生「おや、おはようございます、まじろうさん。お久しぶりですね! 赤ちゃん元気ですか?」
まじろう「いやー、ありがとうございます、元気です。ところで今日はマイキーじゃないんですけど……」
先生「あ、これが噂のマイキー君のお兄ちゃんですねw」
まじろう「毎度変なもん持ち込んですみませんwww」


早速レントゲンを撮ってもらうと……案の定、骨折していました。
激しく折った砕けた!という類ではなく、何か圧迫されて骨がぐぎっとズレた感じという説明を受けました。
先生と色々検証した結果、恐らく、餌を食べる時に自分で自分を締め付けて折ってしまったんじゃないかと。
蛇は往々にしてそういう事もあるらしいです。
食欲もあるし、排便も問題なし、尻尾で私の腕にしがみついて離れなかったくらいなので、神経や内臓は傷ついていないだろうとのことで、自然治癒する見込みだそうです。
良かったあ。

しかし、今の仮住居の構造上紫外線を浴びる機会が限られているので、骨が弱っていたのかなあとか、折ったその時にすぐに気付いてあげられなくてごめんねとか、色々しょんぼりでした。
良かったことと言えば、先生が爬虫類も大歓迎だと改めて分かった事と、クロちゃんの顔写真入りの可愛い診察券を作ってもらえたことくらいでしょうか(喜びのベクトルがおかしい)

もうすぐヘビズの日向ぼっこを考慮した新しい家建てるから、待っててね!
ネズミもいないから!(重要)
それまではなるべく今の環境でも紫外線を浴びられるようにするからねえ!


【バブバブした奴~痒さとの戦い~】

さてこちらは生後4か月の息子。
私の姿を一生懸命探して、顔を見てはよく笑い、気まぐれに「ままぁ」と呼んでサービスしてくれます。
最近はマイキーを認識したようで、マイキーが傍に来ると手を伸ばして触ろうとするようになりました。

恐れていた夜泣きの方は、子育て中の友人達が沢山のアドバイスをくれたり、自分でも対策を考えることが出来たおかげで3日ほどで一端は終息したのですが、アトピーだかなんだかわかんないものに苦しめられております。
むじろうが昔結構なアトピー持ちだったらしいのですが、それに似たようなケロイド状の湿疹がふくらはぎに出来て、耳切れもある。
中でもほっぺがと・に・か・く!痒いらしくて!1日中ずっとかきむしり続けてしまうんですよね。
そんで浸出液がでるレベルまで掻いちゃうから、片時も目が離せない。

掻きくずす→浸出液出る→浸出液の成分で更に痒くなる→さらに掻いて肉が見えるほどかきむしる→保湿薬を塗る→結局すぐ掻いてとっちゃう→無駄な行動の繰り返しに親が挫けかける

の連鎖で参りました。
ステロイドはなるべく使いたくないので、保湿薬だけを使っていたのですが、ここ3日ほど、ついに痒すぎて一晩中泣かれてしまい、私も限界。
これは決断の時か!と、ステロイドを使用!
本当は使いたくないのに使うんだから、これを無駄にしてはいけない!と母とむじろうと3人で徹底的に監視して掻こうとするのを止めて薬を浸透させた結果……今は気持ちよさそうに眠っています。
3日ほどは怖がらずにちゃんとステロイドを使って、一気に治してしまおう! そんでまた保湿薬に戻して、あとは掻き毟らないよう
に監視する! 筋道が立ってほっと一息。あとは時が来たらアレルギー検査です。

ああ、むずがらないで眠っているのは本当に久しぶり。
ぐずる声で起こされて一睡もできず、母乳育児のため胸も痛くて、むじろうは風邪ひいてて頼れないしうつされそうだしでやんなっちゃってたここ1月でした。
でも、眠れないほどに痒かった息子本人が一番辛かっただろうなあ。
ステロイドの使いどころを誤らなくて良かった。


【ワンワンした奴~ストレスとの戦い~】

お馴染みマイキー。
赤ちゃんが増えてもやきもちを焼くこともなく、一生懸命泣きやませようとしたり、一緒のベッドで寝る日は鼻先でつついて遊んでみたり、息子を抱いている私には飛びつかないように我慢したり、とにかくいい子。
しかし、息子が痒がって超音波で泣き続ける&私がグッタリ&雨続き&むじろう風邪っぴきのコンボで、最高潮に退屈で憂鬱な日がありました。
翌朝……


マイキー「ぴぃぴぃぴぃ……」
まじろう「あ……? マイキー? どうして泣いてるの? おいでおいで……」


しょんぼりと鳴く声で半覚醒した私。
マイキーをベッドに呼ぶと、素直に上がってきました……が!


まじろう「おわ! くっせえええええ! なんじゃこりゃ!? マイキーもしかして……」


下痢漏らしたーーーーーーーーーー!!!(イエァアアアアア!)
万が一の時の為にいつも部屋の端にペットシーツを置いてるので、そこでウンチを漏らしたマイキー。
お腹が痛いようと鳴いていたところで私に呼ばれる→喜んで走ってくる→喜んだ時にウンコ踏んだ→部屋の端からベッドの中まで下痢便をエスコート!
ヤッチマッター!!!!(私が)
怠惰にベッドの中からマイキーを呼んだのが間違いだったー!!
ちゃんと起きて私がそっちにいけばよかった……!

と、思っても後の祭りでございます。
ベッドの寝具は全部クリーニングする羽目に。
マイキーは基本屋内で粗相しません。
うっかり屋内で出てしまう時っていうのは、確実に体調が悪いので、病院にも行く羽目になってドタバタな1日でした。
いつもの先生がお休みだったので、近場の獣医さんに行ったのですが、マイキーの下痢は原因不明。
でも母ちゃんはわかったよ。たぶんストレスだよねえ……、ごめんねマイキー。

母やむじろうの朝夜の散歩だけでは、どうしても10分×2セットくらいにしかならない。
かといって、散歩時間を増やさせては母とむじろうの方が倒れてしまう。
なので今は日中に息子を抱っこしてマイキーを連れて、妊娠中と同じ散歩コースを歩くようにしました。
7kgの息子を持つ or ベビーカーを押す + 平均4kmは歩く、でちょっとはダイエットにもなるでしょ……!


まじろう「息子息子~、いないいないばぁ~! あらあら、マイキーいい子だねー! あーはいはい息子よ、ママはちゃんとあなたを見てますよ~! マイキー危ないから歩道側を歩こうね、こっちいらっしゃーい!


不注意で事故に遭ったら怖いので、本当にゆっくり歩いているのですが、中々に一人で騒がしいでござる(前からだろ)
散歩の時間が短いという事よりは、私が構う時間が減った事の方が寂しかったのか、キョロキョロきょろきょろと忙しなく私の顔を見てきて、目が合うと嬉しそうにしています。
可愛いマイキー、不安にさせてごめんね。

最近は、散歩に加えて、お昼寝が楽しみなマイキー。
息子が寝てる隙の30分くらい休息を取るのですが、冬になったのでソファーの上にふかふかのホットマットを出したのです。


まじろう「(小声)マイキー、マイキーおいで」
マイキー「ワーーーーーーーーーイ!」


超嬉しそうに私の膝の間に入ってきて、猫のように丸くなるマイキー。
畳の家に居る時に我が家に来たマイキーは、いつも私と一緒に寄り添って昼寝して、今の家に来てからは、しょっちゅう一緒にベッドで眠っていました。
息子が生まれてからは、片手間に話しかけてあげる事ばかりだったので、同じ目線で過ごすことが少なかったよね。ちょっとでも昼寝時間がマイキーの癒しになるといいなと思います。



さてさて、こんな感じです。
次から次へと問題が起きましたが、一回悩んで、あとは自分で解決策を見つける!
これはマイキーやヘビズが前々から私を訓練してくれたおかげで身に着いた強さだと思います。
4息子みんなを完璧に世話することなんてできないけど、大事にする気持ちは諦めないでおこう。
どの子も皆大好きだなあと再確認した今日この頃でした。足りない母でごめんね、ありがとうね息子たち。
でも三度の飯より寝るのが好きな私にとって睡眠不足ほど辛いもんはないという事もよくわかりましたぁ!(はいはい)

……ん?
話に出てこなかったシマちゃんはどうしてるかって?
彼は先日脱皮をしましたよ! ホラ!

i-sima-42.jpg

モーツァルトみたいでしょ★★★

ヘトヘトな母ちゃんを癒してくれた長男シマちゃんなのでした。
ありがとうね、君のこともすっごく愛してるよ。

次回はむじろう実家に伝わる秘伝のトイレマナーについてのお話をしようかと思ってます。
なんだそれと思うでしょうが、Gさんが絡むので話が明後日の方向に飛んでくことは必至!
こうご期待! アビアントー!



ぽちっと押していただけると励みになります
スポンサーサイト

category: いきものと

thread: ☆多頭飼い☆ - janre: ペット

tag:   シマヘビ  カラスヘビ  甲斐犬    散歩  赤ちゃん  生後4か月  乳児湿疹 
TB: 0    CM: 0

おねだりシマちゃんの巻 

まじろう

こんばんは、まじろうです、クロが飯食ったでえ!!!
クロが2か月ぶりに飯を食ったでえ!!!(イェァアアアアアアアア!!!)

ああ、良かった。
同じ日にお腹の子の逆子も直ってることがわかって、シマもご飯を食べて、マイキーはお医者さん曰く適正体重だそうで、元気です。
私とむじろうは、幼稚園からの地元の同級生と一緒にイチゴ狩りに行き、足湯に入って、映画を見て、ごろごろして、非常に好き勝手に29日を満喫しておりました。
今日は今日で母上と3人でランチバイキングに行ったり、入院用グッズをそろえたり、マイキーの玩具を買いあさって速攻で壊されたりしていました。
ああ、良かった(ゴチャゴチャである)


ただ、シマがちょっとむくれておりました。
爬虫類飼いの方ならよくある悩みで、解凍した冷凍餌を食べてくれなかった時の「この始末どーすんだよ!」ってのがあると思うんです。
冷凍マウスもファジー・ホッパーまでくると安くねえんだぜ!?
まあ、本来野生のシマヘビの好物はカエルなんですけどね。
カエルから寄生虫が入っちゃったら嫌なので、国産冷凍マウスで我慢してもらってるのは、飼い主側のワガママなんです。
それはともかく、我が家の場合は、ここしばらくクロの残飯処理をシマがやっておりました。

給餌の日はシマの腹加減に合わせる

マウスは1匹しか解凍しない

クロが食べなかったらシマにあげる


という流れ。
本日朝も、解凍を始めてからというもの、腹減り状態でずっと餌を期待して踊り狂っていたシマ。
どうせ食べないとは思いつつ、まずはクロにあげてみると……なんと食べた!!!

まじろう「ほほほーーーー!! ご飯美味しいねクロちゃん! やっと食べたね! 良かったね!」
クロ「もぐもぐ……もぐもぐ……(超ユックリ)」
シマ「!!!?(マウスを期待して私の手元で待機してた)」

クロがトロトロとゆっくりマウスを飲み込んでいる間、隣の水槽から「マウスをくれないならテメェを食ってやろうか」とガン飛ばしまくるシマ。
マウスが完全に飲み込まれてしまうと、今度は私をジッと見つめてくる。

シマ「なんで!? 僕のじゃなかったの!?」
まじろう「ごめん、ごめん、今すぐ解凍するからちょっと待ってて」
シマ「むむむむーーーー!!!」

私が水槽の右で解凍作業をしていれば、右側をジーーーッと見るシマ。
左側のデスクで解凍を待ってパソコンやってれば、左側をジーーーッ。

i-sima-37.jpg

あの熱視線は勘違いではなく、確実に私に向けられていた。
なんせ10分後に無事に新しいマウスにかぶりついた後は私には見向きもしなかったからな!(餌オバサン認定特級)

ご満悦↓
i-sima-38.jpg

ずっとコンスタントに食べ続けてたシマの方が偉いんだよね、母ちゃんを安心させてくれてたんだもんね、待たせる羽目になっちゃってごめんよう。
今度お詫びにぬるま湯でお風呂に入れてあげるからね!(嬉しくない)

ちなみに、なんで折角食べたクロの画像が無いのかというと、クロの目の前のソファーを陣取っていたむじろうが、「写真撮っちゃお~」とか言ってたくせに、パズドラに夢中になって撮り逃したからです(ギルティー)
しかもそれ私のパズドラだかんな! もはやむじろうのアカウント状態だけども!(自分の携帯にダウンロードすると無限にやっちゃうから、私の携帯でやるんだとさ)


あまりに嬉しかったので、イレギュラーな記事になってしまいました。
このまま思い出ヘビズ編の続きを書くのもいいのですが、そうするとスクロールバーがエライちっちゃくなっちゃうと思うので、この辺にしときましょう。
次回こそヘビズ過去編続きです。

ということで、また近々! アビアントー!



ぽちっと押していただけると励みになります

category: いきものと

thread: 爬虫類 - janre: ペット

tag: シマヘビ  カラスヘビ    給餌  ファジーマウス  カエル 
TB: 0    CM: 0

クロとシマが男の子だったの巻 

まじろう

「ボクね! 巣箱を解体して床材をぶちまけちゃっても、自分で元通りにお片付けしちゃうの!」なクロ↓

i-kuro-37.jpg

……、腕のない体でどうやってやったんだ……?
夜中になると腕が生えてたりするの?(そんなはずない)



それはともかく、ねえ、聞いて聞いて!
久々にヘビズを里親さんに見せに行ったらさ、新事実を教えてくれたのよ!


なんとどっちも雄だったの!!!(生後4年目の衝撃)


世界の愛蛇家の方々から「今更かよ!!!」っていう盛大なお声が聞こえてきそうですが、私としては衝撃だったわけよ!
なんせ性別わかんないで飼ってたからね!
シマは雄だと思ってたけど、クロは雌だと思ってたし最近に至ってはどっちも雌だと思ってたのよ(大ハズレじゃねーか)

や、一応ね、事前に見分け方を教えてもらってはいたんですよ。
「肛門から尻尾が細いのが雌、太いのが雄」って。


まじろう「ふむ、シマもクロも同じくらいの太さだな」

まじろう「そしてこれは多分細い方なんだろう」

まじろう「じゃあ、多分両方雌なんだろう

鑑定してくれた人「両方雄だね」

まじろう「!?


漫画『動物のお医者さん』のスナネズミじゃあるまいし、性別がアベコベな認識のままよくここまで成長してくれましたよ。ありがとねヘビズ。特にクロちゃん(断固として雌だと思われてた)

実は私のお腹の人間の子供も男の子だということが判明しまして、我が家の子供は全部男の子だということがわかりました。
母さんと父さんと兄ちゃんと兄ちゃんと兄ちゃんが居るところに、更に男の子が増える訳ですね!
母さんも男性ホルモンは多いしがさつな人間なので、さぞかしむさくるしい家族になるんでしょうな!(問題は母さんである)



今回はヘビズの幼少期の話をしようと思っていたのに、現状が衝撃的過ぎてそっちに頭がいっちゃったんだぜ。
今週末は私の人生の転換期を度々支えてくれた本当に大切な友人の一人が結婚式なので、楽しみで仕方ないです。
挨拶という大事な役目も任せてもらったので、頑張るぞー!
……と思ってたら! Jが自転車で事故りましてね!


プルルルー

まじろう「ハロー? どうしました?」

J「まじろうちゃん、あー、ごめん、まじろうちゃん、あー、あー、今、自転車で転んじゃったのよー、腕を折っちゃったみたい……今救急車です……」

まじろう「?! 病院はどこに向かってるんですか?」

J「えー、わかんない……

まじろう「わからない?! とりあえず腕以外は大丈夫? ていうか、何かとぶつかったの?」

J「うーん、1人でこけましたー。でも友達はいたけど、いまは1人ですー」

まじろう「どういうことー?!」


何が起こったんだかサッパリ飲み込めない電話でしたが、その後詳細が判明しました。
友達9人組でランチに向かってたら、ほどけてた靴紐がペダルに絡んですっころんで左腕を骨折したらしいよ。
幸い、骨が皮膚から突き出すようなことはなく、出血はなかったのですが、目の前に友達が9人もいたのに誰も一緒に救急車に同乗してくれなかった上に、実の娘であるはずの義姉様は、骨折から4日経っても音信不通のグダグダ加減。
放置した自転車を引き取りに行ったのはむじろう、翌日の病院の付き添い(現状説明と手術の日程説明)は「まじろうちゃん一緒に来てー」と言われて私、となりまして、なんかすごくバタバタでした。
腹でか妊婦と片腕骨折した人間じゃ、全然戦力にならねーよ!(しかも偶然むじろうは足の指をぶつけてヒビが入ってしまったくさいので更に戦力外)
Jは病院の診察券やファイルを持つだけで手が埋まってしまうので、結局残りの荷物(2人分の鞄、コート、ストール、手術関係書類)は私がすべて持って歩いていました。
漫画によくある、彼女の大量の買い物に付き合った彼氏の姿そのものだったぜ……!
万歩計によると、私達は病院の中だけで7時間かけて6kmも歩いたらしく、ただでさえ忍耐力のないJはお会計の頃には超絶不機嫌になっておりました★★★


まじろう「さて、会計も終わりましたね。あとは入院関係の書類を片付けちゃいましょうか? 面倒だろうから私がちゃちゃっと代筆しますよ。15分で終わるでしょ」

J「いや! いやいやいや!!! 今日はもういいです! まじろうちゃんは本当に良くやってくれた! まじろうちゃんはfantastickでwonderfulですよ! 本当にありがとう! でももう私は疲れたから何も考えたくないです! やりたくない!! 書類は入院するまでに友達か義姉様ちゃんに頼むからいいです! まじろうちゃんも疲れたでしょ!? もう帰って寝ましょう!

まじろう「そ、そう? じゃあ、やらなきゃいけないことが多いから、後で見て分かるようにタスクリストだけでも一覧にまとめておきましょうか?」

J「えー……、それももういいよ。あーーーーーー、もう考えたくない! でも、うーん」

まじろう「私は産婦人科の検診があって手術に付き添えないから、他の第三者が見てもわかるように箇条書きにしておきましょうよ。ね?」

J「うーん。そうですか? でももう今日よく頑張ってくれたからいいのよ。今日が一番大変だと思ったから貴女に頼んだんだから。もう帰って休んでもいいのよ。私も疲れた、貴女も疲れた、ね!」

まじろう「いや、もう3分で終わらせるから。わからなくなって後から聞かれても二度手間で余計疲れるから


「今日が一番大変だと思ったから貴女に頼んだ」の辺りが聞き捨てならないのですが、一緒に聞いた説明の事や、書類のことを簡単な言葉に直して、一覧にまとめておきました。
でもその後2日間くらい、見事に同じこと3回くらい電話とメールで聞かれたけどな! おめぇは一体病院で何を聞いていたんだぜ!?
そしてやはり私も疲れたのか、帰りにJを自宅に送り届けた後にメチャメチャお腹が張ってしまい、激痛と疲労で2日間寝込んでしまいました。
腹の息子は大丈夫だっただろうか……。

もうさあ、半同棲レベルでしょっちゅうJに孫を預けに来てる義姉様は何やってんだYO! 「私達は友達親子★」みたいな関係じゃなかったっけ!? アンタの母ちゃん、骨折れちゃった上に手術だぞ?! と言いたいところですがね(言ってる)
そういえば、ノコちゃん安楽死の時も、Gさん昇天の時も、こういう時だけ義姉様の姿は忽然と消えるのでね、推して知れということでしょうか(何を?)

嫌な話は置いといて、週末の結婚式を思い切りお祝いできるようにしないとね!
結婚式など数えるほどしか出たことない身ですが、多分これが一番盛大にお祝いしたい結婚式だと思いますので。
友達の数など片手で足りるほどしかいない残念な私ですが、それぞれ素晴らしい人達が巡り合ってくれたと思います。
あと図書館に本を返さないといけませんよ……!(それはお前、なんでも積むからいけない)

また近々! 今度こそヘビズの昔話をしますね!
皆さんと私の週末に幸あれ!


ぽちっと押していただけると励みになります

category: いきものと

thread: ☆多頭飼い☆ - janre: ペット

tag: カラスヘビ    シマヘビ 
TB: 0    CM: 0

吾輩はダメ人間であるの巻 

まじろう

こんばんは、東京大学の忠犬ハチ公像の完成写真を見たら涙がボロボロ出てしまったまじろうです。
涙もろいにもほどがあるだろうとお思いでしょうが、この公式サイトの写真を見てご覧なさいよ!(東大ハチ公象の公式ページ) 
あたしゃ動物モンには本当に弱いんだよ!(婆さん)

今度の銅像は、待っているハチ公の姿ではないんですよね。
やっと会えた飼い主の上野博士に笑顔で抱き着くハチ公と、それを受け止めにいく博士の銅像なんですね。
上野博士が亡くなってから約10年間、ずっとその帰りを待ち続けて、でも結局会えなくて、博士の死後90年目にしてようやく抱き留めてもらえたっていうのが切なくて切なくて。
「良かったねえ」と思いつつ、ニュース見てボロ泣きしてしまいました。
嫌だね、年取ったら本当に涙もろくなった(オリンピック見て泣くしな)



さて今日は近況報告。
我が家の忠犬はといえば、私の気持ちが悪い時は傍についててくれるし、散歩が遅れても文句ひとつ言わないで待っててくれるし、良い子でいてくれております。
身体が辛くて午前中は起きられない時もあるので、昼まで散歩を待たせてしまうことがあるのですが、私が起きたら嬉しそうに寄ってきて顔を舐めてくれてね、準備ができるまで催促もしないで待っててくれるんですよ……! ごめんねマイキー!!!

「お散歩うれしいのー」
i-mikey-148.jpg

犬の催促・要求・決断を受け入れてしまっては主従が逆転してしまってしつけにならないし、オーダーを与えないと犬は腐ってしまうので、私達の方針的にはこの状態が正しいのですが……、つくづくいじましい生き物だよね犬ってさ!
飼い主の生活に、文字通り一生懸命についてきてくれるんだよね。
滅私の精神で尽くしてくれるこの子には、良い飼い主でありたいし、生涯安心して暮らせるように大事にしたいです。

しかし、最近は私がいつも家にいるものだから留守番する機会が減り、ドッグランに行く機会も減ってストレスが溜まっていたのか、留守番ができなくなってきました。
生活リズムが代わるたびに留守番のしつけがやり直しになるのは中々グッタリしますが、諦めたらそこで試合終了なんだぜ(最近もっかい『SLAM DUNK』読んでんのよ)
なので、金曜~土曜にかけて、いつものドッグラン方面に足を運び、いつもの馴染のお友達に会えるようにしたら、驚くほど留守番マナーも回復しました。
寒くて皆もランに来る時間がバラバラで中々会えなかったらしく、お互い嬉しそうなこと嬉しそうなこと。
やはり慣れ親しんだ場所で、「疑似群れ」の皆に会うと落ち着くんですね。
つくづく犬が縄張りを持って集団行動をする生き物だと再確認したのでした。

仲良しのモモちゃんと1時間お散歩し、ゾーイちゃんと2時間ノンストップで遊んで、帰りにシュウちゃんに会った翌日、ネムネムのマイキー(全力出し過ぎ)、楽しかったねえ!↓
i-mikey-149.jpg

ヘビズは段々春を感じ始めているようです。
シマは今春一番のマウスを食べてくれたのですが、クロちゃんは何度かマウスに飛びかかって意欲を見せたものの、的を2~3回外したらやんなっちゃったらしく、食べてくれません。
ウンチとオシッコだけはよくするんだけどな!
結局一度は食べたシマちゃんも2週間絶食中。
もうさあ! 1月~3月の君らは本当にハラハラさせてくれるよねいつも!(4回目の春になっても慣れない飼い主)


私自身は、妊娠中で腹は重いし、胃が圧迫されて飯は嬉しくねーし、眠気が四六時中とれねーし、と三拍子揃ったダメ人間状態でございます(あれ、半分くらい元からじゃね?)
仕事もしてないから手持無沙汰で仕方ないよ!
マイキーとの散歩で毎日平均8km歩いていたら、母上に「あんたみたいに歩き回る妊婦はおらん」と言われる始末。
だって、なんか生産性のあることしてないと自分に生きてる価値がないような気がするんだよ!

でも、特に仕事があるわけでもないマイキー、生産性で言ったらマイキーの足元にも及ばないヘビズなど、彼らはそこに存在するだけで価値があるんですよね。
3匹とも一度や二度は脱走したことがありますが、それを思い出すたびに今ここに居てくれて本当に良かったと日々思います。
あん時一か八かで戻ってきてくれて本当に良かったよ……!(そのエピソードを早く書けよ!)
それを自分にも当てはめて考えりゃいいんだわな。
だがしかし私は逆立ちしても愛玩動物のカテゴリーには入れないからね。 
怠けすぎず頑張って生きていかないとね!(とりあえずブログ更新しようか)



今回は一月も間が開いてしまいましたが、また近々!
次はヘビズの赤ちゃんの頃の話でも書こうかな。
アビアントー!


ぽちっと押していただけると励みになります

category: いきものと

thread: ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆ - janre: 結婚・家庭生活

tag:   甲斐犬  シマヘビ  カラスヘビ    散歩 
TB: 0    CM: 0

ヘビズ長年の謎の巻 

まじろう

こんばんは、ジバニャンがどうたらとか言ってるうちに「妖怪ウォッチ」に目が行くようになり、次は同作品のコマさんなるキャラクターにはまってしまったまじろうです。

コマさんはね、狛犬だからコマさんなんだって! 田舎から出てきたから訛っちゃうんだって!
そしてあの頼りなさげな顔がなんとも可愛いくて可愛くて……、「コマさん」っていうちょっと間の抜けた名前の響きも可愛いじゃありませんか。
あー、ジバニャンと一緒に家に迎えて甘やかしたい~~~。

いやはや、恐ろしや「妖怪ウォッチ」……、ポケモンとは違うベクトルの人気の勝ち取り方ですよ(それはお前だけじゃないの)
ちなみに小学生の頃にやっていたポケモンではリザードンが一番好きでした!(でも攻略上使ってたのはカメックスでした!)
あとストライクとスピアーのデザインが無性に好きでした。
最初の151匹以外はもはや動物ではないようなフォルムになってしまったので、あまり興味が無くなってしまったのが残念。
ただ、続編の映画は結構DVDで観てるよ!(いつまでもおこちゃま脳)



そんなこと言ってる内に師走でございまして。
ちょっとつわりも収まってきたので、年末までに一度家の中の無駄なものを捨てて整理整頓しようかなと考えております。
でも、家の中が底冷えしてて動くのが辛い~~~!

私は室内にもかかわらずダウンジャケットとか重ね着して動いてるからまだ暖かいですが、動物たちは縮こまっております。
マイキーは隙あらば布団にもぐりこんでくるし、起きてれば常に電気毛布に寄り添ってるし、ヘビズはぬるま湯を入れると蒸気にあたりにきて放心しています(色々大丈夫か
特にヘビズはそろそろ眠たい時期なのか、ご飯を食べるのも緩慢で、よく眠る。

お布団被ってグッスリ中のクロちゃん↓
i-kuro-35.jpg

この光景は見慣れたものなのですが、実は私、以前から気になっていたことがありました。


まじろう「クロちゃんもシマちゃんも、たまに寝てる時に巣箱の入り口が布団でふさがってるじゃない? あれ自分でやってるのかな? マイキーみたいにモゾモゾしてるうちに偶然そうなってるだけ?」

むじろう「ん? 知らなかったの? あれ自分でやってるんだよ

まじろう「ええ!! やっぱりそうなの!? そうなのかなーとは思ってたけど、見たことなかった……」

むじろう「自分で巣箱に入った後に顔だけ出して、外に転がってる布団を口にくわえて引っ張ってたんだよ。そのままウンショウンショって引っ張ってって、自分で入口に蓋してたよ」

まじろう「なんだそれ超可愛い

むじろう「あれは可愛いよねー」

まじろう「えええ、見たかった! 見たかったーーーー!!!」

むじろう「俺何度か見たことあるよ。なんだまじろう知らなかったのかーンッハッハ」

まじろう「知らなかったよ! ずっと謎だったんだよ!」


何故だ……、一緒にいる割合は絶対私の方が多いのに、何故目撃数が少ないんだ……。
あの子ら気付いたときにはスヤスヤ寝てるんだもん!
それか私が近くにいると餌ねだるばっかりなんだもん!(餌やりおばさん認定)
むじろうも意外とヘビズをよく見てるんだなーという一幕でした。
そして自分で布団をかぶれるヘビズに対して、鼻先でフンガフンガやってる内に布団から出てしまうマイキーの器用さレベルは爬虫類以下だという事がわかりました(なんということでしょう)



短めですが、今日はこの辺で!
今夜は雨散歩だからマイキーも風呂に入れなきゃいけないし、若干ウンチの出が遅いシマちゃんもぬるま湯でマッサージしてやらねば。
動物たちには恐怖の皆でお風呂だね!
でも君らと風呂に入るのは重労働だからこっちだって寒くて辛いんだぜ!
でもまあ、生き物を飼育するってこういう事よね。
ということでまた近々! アビアントー!



ぽちっと押していただけると励みになります

category: いきものと

thread: ☆多頭飼い☆ - janre: ペット

tag:   シマヘビ  甲斐犬  カラスヘビ   
TB: 0    CM: 0

プロフィール

参加しています

最新記事

カテゴリ

カレンダー

天気予報

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。