★★★ぼくと★★★

夫婦と、犬と猫と蛇とジャングルが同居中。人間より動物の方が多い家の日常奇談。甲斐犬交じりの雑種犬マイキー、シマヘビのクロとシマ、ヒマラヤン交じりの雑種猫ノコちゃんとの話が多め。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

楽しい木造家屋の巻 

まじろう

こんばんは、ヘビズの給餌と掃除、マイキーのご飯と投薬と散歩、息子の授乳と寝かしつけ、自分らの晩飯、ときて1日中誰かの飯の事ばっか考えてるまじろうです。

マイキーはすっかりお兄ちゃん。
知らない人が来ると、今までは警戒するだけだったのですが、お兄ちゃんになってからは訪問者と息子のベッドの間に立ちはだかっています。
訪問者の匂いを嗅がせてもらうと、あとはもうデレデレして歓迎します。
でも訪問助産師さんが息子の体重を量ってる最中に息子が泣いちゃったりすると、オロオロ。
授乳中もいつもそばにいてくれるのですが、息子がバタバタ足を動かすもんで、運が悪いとそれがマイキーの頭やら顔やらにボカボカあたってしまいます。
それでも「ふすーん」と鼻息を吐いて後頭部を蹴られるに任せているんだから優しい子だね。

「こいつ油断すると僕の顔を蹴るんだぞ……」
i-mikey-154.jpg

「僕が見張っててやらないとな!」
i-mikey-155.jpg

さて、冒頭で飯の話をしたにもかかわらず、今日は1つまるで食欲のわかない思い出話をいたしましょう。
今まで様々な珍事件の舞台となってきたむじろう実家そのもののお話です。



思い出珍事件シリーズ

楽しい木造家屋編:1
~絶叫虫図鑑の巻~


★過去の珍事件シリーズ一覧はこちらからどうぞ→目次一覧


おなじみ、築70~80年の木造家屋のむじろう実家。
ちょっと大型のトラックが家の前を通ろうものなら、すわ地震かという揺れ具合。
地震が起きた時崩れちゃうっていうより、免震構造すぎて逆に崩れないんじゃないかと噂の家です。
そして都会のど真ん中にあるにも関わらず、色んな動物と出会うことが出来る、なんともありがたくない場所です。
人によっては嬉しい場所かもしれないけどね、虫と相容れない人にはそこでの生活はとんだ試練の場ですよ!(しかも頑張ったところで何も得るものが無い)
ネズミ取りにダンゴムシとヤモリがかかってるような家だと思えばもう何も怖くないとお思いでしょうが、あの家で起こる不必要なオプション全てが重なったすさまじい1日がありました。


まじろう「ノコー、ノコやー、ご飯だよー」


いつだったかな、結婚前、学生時代の夏の日の午後ですよ。
「日本の夏には耐えられませんYO!」と発狂したJが、日付変更線の向こうの国まで逃げちゃったので、1か月ほど私がノコの餌やり&トイレの始末をしていた時でした。(むじろうが学校の研究で遅くなるから)

昼間誰もいないので、家中の電気が消えていて薄っ暗い中をひとまず最上階3Fへ。
階段の一番上の段でノコちゃんが待っています。
懐かしい。今もあの階段を上がると、顔を出してくれる彼女の頭を撫でようとして手を出してしまう時があります。


ノコ「まうー、あうーあうー」
まじろう「ノっコー♪ ノーっコちゃーん♪ ご飯だよー!」


食べ終わった食器をどけて、新しい食器に猫缶半分とミルク。
Jの方針でノコちゃんは小さいころから人間用の牛乳をガッツリ飲んでいたので、水の代わりに牛乳を飲む猫になっておりました。
んで、そろそろボケが始まったノコちゃんが的を外してしたウンコを片付け、間違えてトイレから掻き出しまくった猫砂を掃いて入れ替えます。


まじろう「ニャンコのトイレはくさーいねー。あ、今日雨降るから洗濯物片さないと」


そろそろ夕立が来そうな感じで空がゴロゴロしているので、「むじろうが干していった洗濯物を入れてあげましょう!」 と、ベランダへ。
Jがベランダに生い茂らせたジャングルは、夏だからすごい繁殖力で伸びています。
危ないんだよコレ、触ると肌がかぶれる葉っぱがあるってむじろうが言ってた(大問題)
すると、なんということでしょう!
物干し竿にでっかい女郎蜘蛛みたいなのがぶら下がっているではありませんか!


まじろう「!!!!」


尻が黄色と黒の縞々になってて足が長いアレよ!
ブラーンと無気力な感じでぶら下がっているだけなので襲われないだろうと思いつつも、傍の洗濯物を取り込むのが怖くて仕方ない。


まじろう「は、早く早く早く!」


せかせか洗濯物を取り込んで家の中へ。
畳の上で服をたたもうとしたその時!
ブウウウウウウウウン!


まじろう「うわっ、蜂?! 蠅?! でかいよ!」


不快な羽音を響かせてなんかでかい羽虫が家の中に入って来たではありませんか。
それもそのはず、Jの命令でベランダに通じる窓とドアが全部開けっ放しなんですからなんでも入ってくるよ!


まじろう「ひいいい、もう雨も降るから窓閉めちゃおう……おわあぁ!


今度は手を伸ばした木戸(ベランダに通じるドアが古風な木の引き戸なんだぜ★)アマゾンに居そうな巨大な蛾が!!!!
ドアに触るのも嫌になって作戦は中断でございます。
仕方ないので蠅だか蜂だかを横目で睨みながら高速(自称)で洗濯物をやっつけて、今度は1Fのキッチンへ。
ノコの使用済み食器が溜まっているので洗ってやらねばなりません。


まじろう「あーあ、むじろう夕べからほったらかしにしといてるから猫缶の残りがカピカピにこびりついてるじゃない……って、うわぁー……ナメクジだぁー……


台所のシンクにはもはやむじろう実家・夏の風物詩であるナメクジが参上(ていうか先客)
体長は3センチくらいですが、カタツムリはともかくナメクジなんぞ人生で見たことなかったので中々の衝撃。
Jから「夏になると台所や風呂場にナメクジでまーす」とは聞いていたけど、このことかと。
いたずらに水をかけてみたりしますが、元気になるばかりでびくともしない。
台所の横の小さな窓がJの方針でいつも開けっ放しなんですから、鼠だってナメクジだって入ってきますよ!
そして気が付くと足が痒い!!!
何故かむじろう実家の台所には、立つと足がふくらはぎ辺りまでメッチャ痒くなるという不思議現象がありました。
気付くと、足の数か所が何かに刺されたみたいに赤く膨らんでるのね。多分ノミだったんだと思います。


まじろう「いいいぃいぃぃいいいーーー、痒い痒い!」


仕方ないのでノロノロ動くナメクジを横目でにらみ、足をバタバタさせながら高速(自称)で食器をやっつけて、玄関へ。


まじろう「あーもー、また刺された……なんなのもう。早く帰ろ……おわあああああああああ!!
むじろう「まじろーう! 来てくれてたのか!」


「来てくれてたのか」も何も、ノコの餌やりしてんだから当たり前だろうが! と突っ込む余裕もなく驚くタイミングでむじろうが学校から帰ってきました。
薄っ暗くて夕立が来そうな雷の音の中、急にガラガラガラっと玄関のドアが目の前で開いたのだから虫より驚いた。


むじろう「あー、じめじめしてて汗かいちゃった。シャワー浴びよっと。まじろう、この後暇なら遊ぼうよ」
まじろう「いいけど、うちに行こうよ……」
むじろう「わかった! じゃー、待っててねー」


虫嫌いの方ならわかると思いますが、もうここまで虫に遭遇すると、どこもかしこも怖いんですよ!
なんか腕や足に違和感を感じただけで、虫が這ってるんじゃないかとゾクッとして飛び上がっちゃうのね。
むじろうのシャワーを待つ5分ですら一人で佇んでるのが不安だったので、あとを追いかけて脱衣場で待つことにしました。それが更なる悲劇を呼ぶとも知らずに。


むじろう「まじろう、そこにいるのー?」
まじろう「早く出て、早く! 早くこの家から出たい!」
むじろう「あと少しだからねー」
まじろう「今日は運が悪くて色んなモンに出会っちゃっ……ぎゃあああああああああああああ!!!
むじろう「!? どうした?!」


ガラス戸越しに話しかけていた私の足元に赤黒い体色の長いブツがゾロッと登場!
虫界のエンペラー、ムカデ様、降・臨!

まじろう「ぎゃあああああ! うわあああああ! なんで!?


もはや恐ろしいとか気持ち悪いとか以前に、存在に問いかける有り様。


まじろう「ムカデだよ! ムカデ!! なんでだよ!?(まだ言ってる) ちょ、なんか捕まえるもの! 捕まえるもの貸して!」
むじろう「ムカデ!? 待ってて今いくから! 逃げないように見てて!」


ゾロゾロ歩くムカデを逃すまいと、床を見つめて追いかけていくと、なんということでしょう!


まじろう「ムカデ逃げちゃう……って、ファアアアアアアアアア! ゴキブリが死んでる!!!
むじろう「おわあああああ!」


ムカデの動きを追って一心不乱に歩いて行くと、目の前にゴキブリの死骸が落ちてる所に到着ですよ!
なんでだよ!?
もはや我慢ならなくなった私は、家の外の豪雨の中でむじろうを待つことにしたのでした。
虫より何百倍もましだわ!

そんな私ですが、数年後に嫁いだ後はナメクジに無言で塩をかけ、蜘蛛を箒で硬球のように打ちっぱなしていたんですから逞しいものです。


まじろう「あー……J-……」
J「どうしました?」
まじろう「アリが廊下を行進しています……
J「あらあら、何か甘いにおいがしたのかしらね」
まじろう「アリの巣コロリを買ってきます!
J「待て待て待て、アリは決まったコースしか歩かないからここを踏まなければ大丈夫よ! 餌を運び終わったら行列もなくなるでしょ
まじろう「いやいやいやいや……


なんか全ての親玉はJだった気がするんだJ。
そんなところで今日はおしまい!
また近々! アビアントー!



ぽちっと押していただけると励みになります
スポンサーサイト

category: おもいでと

thread: 花のある暮らし* - janre: ライフ

tag:   甲斐犬  害虫  ムカデ  アリ  蜘蛛    木造家屋 
TB: 0    CM: 0

俺の場所は譲らねえの巻 

まじろう

こんばんは、信号待ちをしている間にマイキーを撫でて暇つぶししていたらもう一度赤信号になって無意味な時間を過ごしたまじろうです。
いや、無意味じゃないか。
マイキーとの心の交流をもった暖かな時間だったよね(詭弁)

さて、Gさんの話の続きです。



思い出珍事件シリーズ

ジジイ編:6
~俺の場所は譲らねえの巻~





↑New ↓Old

思い出珍事件シリーズ↓

≪ヘビズ編≫
その1 その2 その3

≪むじろう入院編≫
その1 その2 その3

≪ジジイ編≫
その1 その2 その3 その4 その5

≪ウリ編≫
その1 その2

≪母と娘編≫
その1

≪マイキー編≫
その1  



前回は、3階に雨漏りがするんだけど、何故か2階にはもっと雨漏りするから、ゴミとゴミとゴミで作られた経済的かつ画期的な雨樋が出来たよ!ってとこまでお話ししましたね(前提が無茶苦茶である)

その2階の部屋の中央を縦断する流しそうめん的な雨樋ですが、簡単な材料で作られた割には非常によく機能しておりました。
おかげでいちいち洗面器の位置が大丈夫か確認しに行ったりする必要がなくなったので、終着点にあるバケツがいっぱいになるかなーくらいの時に水を捨てればいいのです。
雨樋が出来る前は、Gさんの近くに洗面器があったりすると、うっかり蹴っ飛ばしたりして面倒事が3倍くらいに増えていたので、これは実に革新的な改善でした。

3か月以上が経過し、そんな快適さにも慣れてきた頃、酷い夕立が来た日があったそうです。
当然最上階である3階は雨漏りしまくりで、Jもむじろうも洗面器を両手に大忙し。
毎度漏れてくる場所が微妙に違ったりするので大変ですよ(大変ですね)


むじろう「いやー、ジジイの部屋にあのウォータースライダーを作っておいて良かったね!」
J「そうね、安心ですねー! そろそろ雨もやんできたから、オジーサンの部屋の水だけ捨ててきまーす」


そう言って階下に行ったJ。
しかし


J「ワオ!!!」
むじろう「……? どうかしたのー?」


むじろうが見に行ってみると、そこにはGさんの部屋の前で立ち尽くすJが。
そして部屋の中には、何故か滝のように降り注ぐ雨漏れ水を顔面に浴び続けるGさんが


何が何だかわからないと思うので、説明しよう!!!
話は雨が降り始めて数分たったくらいに遡ります。
その日はあまりに強い夕立だったので、雨漏りの水も大量でした。
いつも通り2階の天井から浸み出してくる水達!
結構な重量と3か月の老朽化できしむセロハンテープ!
そしてついに時は来ました。一番端っこのセロハンテープが外れて、雨樋の傾く方向が変わってしまったのです。
そして新しい雨水の終着点は、コタツで寝転がってテレビをみるGさんの顔面だったという訳です。
なんというピタゴラスイッチ!(見事に顔面の位置だったらしい)
「世界の果てまでイッテQ」というテレビ番組で「ピタデガワスイッチ」という企画がありますが、この瞬間だけはそれに匹敵していたと思う!(説明がマニアックすぎて伝わらない)

しかもGさん、何故か雨水を避けない。
一応ウザそうに「ぬおおお」と怒りの声をあげながら水を手で払うものの、意地でもコタツのその位置から動かない。
10センチでも動けば水はかからないんだが、たかが雨水ごときに俺の場所は譲らない。


むじろう「あはははははははは!!!!!」
J「オジーサーン!!! なにしてるー!?」


むちゃくちゃ面白いですが、笑ってる場合じゃありません。
とりあえず雨水を回収し、Gさんを乾燥させ、と大変だったそうな。

しかし、その後はどうしたのか?
ヒビの修繕は、これから4年ほど後にGさんが入院して、更に1年後に私達が引っ越してきたときにやったのです(しかも修繕しても漏れてくるけどな!)
ならばそれまではどうしていたのでしょうか?


まじろう「こんにちはー、お邪魔しまーす。むじろうー? Jー? どこー?」
J「ハロー、まじろうちゃん、2階に上がってらっしゃーい!」
むじろう「ジジイの部屋にいるよー!」
まじろう「はーい、お邪魔しま……何してんの?

J・むじろう「雨樋作ってんの」


結局、また新たにゴミとゴミとゴミで雨樋を作ったのでした。
Gさんにはコタツとご本人の位置変更を勧めたそうですが、頑として譲らなかったので、その後もセロハンテープが老朽化するたびに流しそうめんの終着点みたいな状態になっていたそうです(そして毎度そこからどかない)
いやはや、ブレない人でございます。
しかもそれでも風邪一つ引きゃしないんだから、なんという強い人でございましょうか。

この話は初詣で並んでる最中に暇つぶしにむじろうが披露してくれたのですが、私達の前後に並んでるおじちゃん・おばちゃんが漏れ聞いていたらしく、スゲー笑っていました。
私? 私は臨場感あふれる語り口を正面でがっつり聞かせてもらったのでね、息が止まるほど笑っていましたよ(堂々とするな)



それでは、今日はここまで!
また近々! アビアントー!
次は何の話になるかなー。



ぽちっと押していただけると励みになります

category: おもいでと

thread: ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆ - janre: 結婚・家庭生活

tag: 雨漏り  雨樋  古民家  木造家屋 
TB: 0    CM: 0

雨漏りでピタゴラスイッチの巻 

まじろう

こんばんは、だいぶ遅くなりましたが新年あけまして今年もよろしくお願いいたします!

最近歳食って涙もろくなったのか、『風立ちぬ』の「ひこうき雲」とか、『平成狸合戦ぽんぽこ』の「いつでも誰かが」とか聞くとね、弱いよね(お婆さんか)
ジブリで言えば『となりのトトロ』の「メイがいない」もだめ。あれ反則だろ、いつ聞いても絶対泣くだろ。
トトロの家といえば田舎の爺ちゃんの家を思い出します。

さて、今日は昔を懐かしんだついでに、むじろうの最強祖父・Gさんのエピソードでもいこうかなと思います。
お題目は「Gさんと流しそうめん」!
はっはっは、既に面白いじゃありませんか(お前って嫁は)
実際そうめんは登場しない訳なんですけど、相変らず何事にも挫けないGさんの話です。



思い出珍事件シリーズ

ジジイ編:5
~Gさんの部屋はウォーターパークの巻~





↑New ↓Old

思い出珍事件シリーズ↓

≪ヘビズ編≫
その1 その2 その3

≪むじろう入院編≫
その1 その2 その3

≪ジジイ編≫
その1 その2 その3 その4

≪ウリ編≫
その1 その2

≪母と娘編≫
その1

≪マイキー編≫
その1  



さて、お話の前提としてむじろう実家である築70年木造家屋のとある謎事情をおさらいしなければなりません。
この家も立派なトトロの家です。というかトトロの家を超えた。
近年ネズミがマジでやばいとか、夏になるとキッチンに出るナメクジに塩をかけるか否かで悩むとか、ネズミを捕るはずのベタベタにヤモリさんが捕まっていた悲劇とかは置いておいてですね、今回問題なのは「雨漏り」です。
ちなみにナメクジに塩をかけたらあまりに哀れに縮んでしまったので、可哀想になって洗って外に放してあげました(でも後日またキッチンにいました)

まあ築35年も経てば大抵の古い家は雨漏りしてるもんだと思うのですが、あの家の雨漏りは豪快です。
じわっと天井の隅に浸みてくる……とかじゃなくて、滴がガッツリ天井のヒビから入ってくるものだから、室内で雨が降っているワンダーランド状態。
しかも、不思議な事に最上階よりも真ん中の階の方がすごい漏るのです。


<あの家の共通認識>
●多少の小雨→「おっと、洗濯物はとりこんだかい?」「HAHAHA、忘れてたよ!」
●普通の雨→「雨漏り用の洗面器、その辺にあるよね?」「あるよー」
●ちょっと強い雨→「洗面器洗面器!!!」「5個しかない!!! 足りないよ!!!!」


まあ、ざっとこんな感じと思っていただければ。
Gさんが使っていた部屋(その後は私たち夫婦が起床していた部屋)では部屋のど真ん中を縦断して大きな亀裂が入っておりまして、そこから全部水が落ちてくるという、ちょっとした水のカーテン状態(ちょっとじゃない)
私達が住んだ時は多少修繕したのですが、それでもまだ隙間からポタポタくるので、雨天になると部屋の真ん中に点々と金ダライが出現する有様でした。
マイキーが蹴っ飛ばす、もしくは飲んでしまうかもと心配していたのですが、意外と彼は一度もやらかしませんでした。偉い偉い。


んじゃあ、Gさんがいた頃は修繕もしていなかったわけで、一体どんな状態で水のカーテンをやり過ごしていたのでしょうか?


なんと、ビニールで雨樋を作ったのです!
ゴミ袋を切り開いて大きなビニールを作り、それを天井のヒビの下に沿って張り巡らして傾斜をつけ、一か所に雨水が集まるようにしたんです。
そしてそこに1つ洗面器かバケツを置きさえすれば、万事解決という訳。

<図解>
i-ill-09.jpg
J「すばらしい!」

さながらピタゴラスイッチか、ウォーターパークかという絶妙なバランスで成り立つ、ゴミ袋とセロハンテープで作られたウォータースライダーです。
しかしこれが後にトンでも面白いことになるとは、この時誰も思っていなかったのでした。



それではまた近々!
アビアントー!



ぽちっと押していただけると励みになります

category: おもいでと

thread: ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆ - janre: 結婚・家庭生活

tag: 木造家屋  古家  雨漏り  雨樋 
TB: 0    CM: 0

プロフィール

参加しています

最新記事

カテゴリ

カレンダー

天気予報

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。