★★★ぼくと★★★

夫婦と、犬と猫と蛇とジャングルが同居中。人間より動物の方が多い家の日常奇談。甲斐犬交じりの雑種犬マイキー、シマヘビのクロとシマ、ヒマラヤン交じりの雑種猫ノコちゃんとの話が多め。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

本来のクリスマスってのは質素に人とのつながりを楽しむもんなんだよ!の巻 

まじろう

メリークリスマス、マイキー!

i-mikey-160.jpg
i-mikey-161.jpg
i-mikey-156.jpg

今回は珍しく連日更新です。
ということで、私が除去食で食べられない分、マイキーに美味しいものを食べてもらいました。
可愛いね、犬用ケーキ!
次の瞬間にはマイキーの鼻でごちゃごちゃになったけどね!
3個あるので、24、25日の晩朝晩で3回楽しんだマイキーでした。
ヘビズも丁度おなかをすかしてくれたので、マウスをプレゼント★(平常運転じゃねーか)

そして恒例のクリスマスロング散歩も敢行!(やんなくてもいいのに)
今年も行ってまいりましたあ!
マイキーにはがっつりコート装備、息子のベビーカーにはビニールカバー装備、私は手袋とコートをガッツリ着て、また10キロ歩いてきた。
毎年なぜかクリスマスにむじろうがいない時間を埋めるのに、ロング散歩しちゃうよね。

クリスマスイブには、近所の公園に散歩に行って、お馴染みのサダハルくん、カグラちゃんに挨拶し、ご近所の仲良しさん達に3組も会って、マイキーも息子もよしよしされて帰ってきました。
食べ物は全然盛り上がらないけど、近所の馴染の人たち犬たちがいることを再確認する幸せを味わいました。
ヨーロッパの方の本当のクリスマスってこんな感じだよね。

i-mikey-158.jpg
i-mikey-157.jpg
i-mikey-159.jpg

はしゃぎすぎて相変らずフレームアウトしかしないマイキー。
クロちゃんみたいに目線くださいよー。


さて慣れない除去生活も今日でやっと1週間目。
2階で同居している私の母が仕事で朝方~昼過ぎまで留守。
なのでその間は、1階で息子を寝かしつけて、2階のマイキーと遊びに行き、息子が起きる前に1階に戻り、起きた息子に授乳してのグルグル生活です。
散歩に行く時は、息子とマイキーの両方を準備して同時に連れ出すので更に大変なのですが、まあ、これ、1階の同じ部屋にいた時から大変だったわ。

散歩コースは相変わらず広範囲です。
ドッグランは犬の皮脂だらけなので息子を連れては入れませんが、休日ならむじろうがいるので、マイキーだけ入ることはできる。
私との散歩の時はロング散歩です。
妊娠中と同じスケジュールだからこれも問題なし。
妊娠中と違って、行き慣れた公園で息子のベビーカーの傍で2人で走り回れるのが嬉しい。

1階から2階へ居室が代わっただけなので、マイキーが動くと天井の物音ですぐわかります。
飼い主の威厳が足らないバーバのことを小ばかにしているマイキーなので、すぐいたずらしてバーバのベッドに入り込んでは「あー!!!またやったなマイキー!」と言われています。
そこで「ま、いっか、ただいまのおやつあげる」とかやってっから威厳が足らないと思われてんだよ母さん……(犬と友達な母)
まあいいのです、母がマイキーを私たちと同じくらい好きになってくれて大事に思ってくれたおかげで私たちはマイキーと暮らしながらアレルギー対策をしていけるのですから。
来年になれば鼠屋敷の建て替えがおわります。
それまでの辛抱だよマイキー!

と、決意を胸に朝マイキーの部屋にいったら、ふっかふかの毛布を貰ってヌクヌクしておりました。
良かった良かった。

それではまた近々!



ぽちっと押していただけると励みになります
スポンサーサイト

category: つぶやきと

tag:   シマヘビ  甲斐犬  カラスヘビ    散歩  アレルギー 
TB: 0    CM: 0

4息子がそれぞれ大変の巻 

まじろう

こんばんは、授乳の合間に映画やってて、『ハンガーゲーム』と『プロメテウス』の二者択一という選択を迫られたのですが判断ミスをして消化不良のまじろうです。
くっそ、『プロメテウス』観ておけばよかっt(それはつまり……)

i-sima-41.jpg
「今日は俺らの話だぜえ」

ヘビズの通院に、息子のアトピーらしきもの、マイキーのストレス発散と、問題山積みで
振り回されて寝不足続きだったもんで、すっかり間が開いてしまいましたー!
いやー、もうニョロニョロしたのもワンワンしたのもバブバブしたのも全部の息子が色々大変な目にあっていたので困った困った!
今回は現状報告です。


【ニョロニョロした奴~クロに謎の突起出現~】

ニョロニョロといえばヘビズ。
2週間ほど前の水槽掃除中、久々に息子が寝ているのでクロをハンドリングしてたんですけど……


まじろう「んあ? 何この突起……」


クロの体の真ん中あたりの背骨がボコッと突起状になって突き出ているではありませんか。
ナニコレナニコレ!?!?!?!?!
ヘビズの異変とか、もう何が起こるかわかったもんじゃないので久々に心臓がバックバク!
育児をしてると不安だらけとは言いますが、ヘビズに比べたら、同じ人間である息子の方がまだわかりやすいよ!情報も多いしね。
餌を食べた2日後だったので、消化していないものが残ってるのかと様子見。

2日後


まじろう「同じ場所にあるねえ……」


いつもならウンチをしている日なのに、ウンチはしてるけど、突起は消えてなーい。
もう動物病院行きですよ!
いつもマイキーがお世話になってる超いい先生が爬虫類も見てくださるので、むじろうに息子とマイキーを預け、私はクロと病院へ。
夕べも全然授乳で寝れなかったんだけど、クロちゃんのためならエーンヤコーラ!
自分で病院に行かないと心配で納得いきません。


先生「おや、おはようございます、まじろうさん。お久しぶりですね! 赤ちゃん元気ですか?」
まじろう「いやー、ありがとうございます、元気です。ところで今日はマイキーじゃないんですけど……」
先生「あ、これが噂のマイキー君のお兄ちゃんですねw」
まじろう「毎度変なもん持ち込んですみませんwww」


早速レントゲンを撮ってもらうと……案の定、骨折していました。
激しく折った砕けた!という類ではなく、何か圧迫されて骨がぐぎっとズレた感じという説明を受けました。
先生と色々検証した結果、恐らく、餌を食べる時に自分で自分を締め付けて折ってしまったんじゃないかと。
蛇は往々にしてそういう事もあるらしいです。
食欲もあるし、排便も問題なし、尻尾で私の腕にしがみついて離れなかったくらいなので、神経や内臓は傷ついていないだろうとのことで、自然治癒する見込みだそうです。
良かったあ。

しかし、今の仮住居の構造上紫外線を浴びる機会が限られているので、骨が弱っていたのかなあとか、折ったその時にすぐに気付いてあげられなくてごめんねとか、色々しょんぼりでした。
良かったことと言えば、先生が爬虫類も大歓迎だと改めて分かった事と、クロちゃんの顔写真入りの可愛い診察券を作ってもらえたことくらいでしょうか(喜びのベクトルがおかしい)

もうすぐヘビズの日向ぼっこを考慮した新しい家建てるから、待っててね!
ネズミもいないから!(重要)
それまではなるべく今の環境でも紫外線を浴びられるようにするからねえ!


【バブバブした奴~痒さとの戦い~】

さてこちらは生後4か月の息子。
私の姿を一生懸命探して、顔を見てはよく笑い、気まぐれに「ままぁ」と呼んでサービスしてくれます。
最近はマイキーを認識したようで、マイキーが傍に来ると手を伸ばして触ろうとするようになりました。

恐れていた夜泣きの方は、子育て中の友人達が沢山のアドバイスをくれたり、自分でも対策を考えることが出来たおかげで3日ほどで一端は終息したのですが、アトピーだかなんだかわかんないものに苦しめられております。
むじろうが昔結構なアトピー持ちだったらしいのですが、それに似たようなケロイド状の湿疹がふくらはぎに出来て、耳切れもある。
中でもほっぺがと・に・か・く!痒いらしくて!1日中ずっとかきむしり続けてしまうんですよね。
そんで浸出液がでるレベルまで掻いちゃうから、片時も目が離せない。

掻きくずす→浸出液出る→浸出液の成分で更に痒くなる→さらに掻いて肉が見えるほどかきむしる→保湿薬を塗る→結局すぐ掻いてとっちゃう→無駄な行動の繰り返しに親が挫けかける

の連鎖で参りました。
ステロイドはなるべく使いたくないので、保湿薬だけを使っていたのですが、ここ3日ほど、ついに痒すぎて一晩中泣かれてしまい、私も限界。
これは決断の時か!と、ステロイドを使用!
本当は使いたくないのに使うんだから、これを無駄にしてはいけない!と母とむじろうと3人で徹底的に監視して掻こうとするのを止めて薬を浸透させた結果……今は気持ちよさそうに眠っています。
3日ほどは怖がらずにちゃんとステロイドを使って、一気に治してしまおう! そんでまた保湿薬に戻して、あとは掻き毟らないよう
に監視する! 筋道が立ってほっと一息。あとは時が来たらアレルギー検査です。

ああ、むずがらないで眠っているのは本当に久しぶり。
ぐずる声で起こされて一睡もできず、母乳育児のため胸も痛くて、むじろうは風邪ひいてて頼れないしうつされそうだしでやんなっちゃってたここ1月でした。
でも、眠れないほどに痒かった息子本人が一番辛かっただろうなあ。
ステロイドの使いどころを誤らなくて良かった。


【ワンワンした奴~ストレスとの戦い~】

お馴染みマイキー。
赤ちゃんが増えてもやきもちを焼くこともなく、一生懸命泣きやませようとしたり、一緒のベッドで寝る日は鼻先でつついて遊んでみたり、息子を抱いている私には飛びつかないように我慢したり、とにかくいい子。
しかし、息子が痒がって超音波で泣き続ける&私がグッタリ&雨続き&むじろう風邪っぴきのコンボで、最高潮に退屈で憂鬱な日がありました。
翌朝……


マイキー「ぴぃぴぃぴぃ……」
まじろう「あ……? マイキー? どうして泣いてるの? おいでおいで……」


しょんぼりと鳴く声で半覚醒した私。
マイキーをベッドに呼ぶと、素直に上がってきました……が!


まじろう「おわ! くっせえええええ! なんじゃこりゃ!? マイキーもしかして……」


下痢漏らしたーーーーーーーーーー!!!(イエァアアアアア!)
万が一の時の為にいつも部屋の端にペットシーツを置いてるので、そこでウンチを漏らしたマイキー。
お腹が痛いようと鳴いていたところで私に呼ばれる→喜んで走ってくる→喜んだ時にウンコ踏んだ→部屋の端からベッドの中まで下痢便をエスコート!
ヤッチマッター!!!!(私が)
怠惰にベッドの中からマイキーを呼んだのが間違いだったー!!
ちゃんと起きて私がそっちにいけばよかった……!

と、思っても後の祭りでございます。
ベッドの寝具は全部クリーニングする羽目に。
マイキーは基本屋内で粗相しません。
うっかり屋内で出てしまう時っていうのは、確実に体調が悪いので、病院にも行く羽目になってドタバタな1日でした。
いつもの先生がお休みだったので、近場の獣医さんに行ったのですが、マイキーの下痢は原因不明。
でも母ちゃんはわかったよ。たぶんストレスだよねえ……、ごめんねマイキー。

母やむじろうの朝夜の散歩だけでは、どうしても10分×2セットくらいにしかならない。
かといって、散歩時間を増やさせては母とむじろうの方が倒れてしまう。
なので今は日中に息子を抱っこしてマイキーを連れて、妊娠中と同じ散歩コースを歩くようにしました。
7kgの息子を持つ or ベビーカーを押す + 平均4kmは歩く、でちょっとはダイエットにもなるでしょ……!


まじろう「息子息子~、いないいないばぁ~! あらあら、マイキーいい子だねー! あーはいはい息子よ、ママはちゃんとあなたを見てますよ~! マイキー危ないから歩道側を歩こうね、こっちいらっしゃーい!


不注意で事故に遭ったら怖いので、本当にゆっくり歩いているのですが、中々に一人で騒がしいでござる(前からだろ)
散歩の時間が短いという事よりは、私が構う時間が減った事の方が寂しかったのか、キョロキョロきょろきょろと忙しなく私の顔を見てきて、目が合うと嬉しそうにしています。
可愛いマイキー、不安にさせてごめんね。

最近は、散歩に加えて、お昼寝が楽しみなマイキー。
息子が寝てる隙の30分くらい休息を取るのですが、冬になったのでソファーの上にふかふかのホットマットを出したのです。


まじろう「(小声)マイキー、マイキーおいで」
マイキー「ワーーーーーーーーーイ!」


超嬉しそうに私の膝の間に入ってきて、猫のように丸くなるマイキー。
畳の家に居る時に我が家に来たマイキーは、いつも私と一緒に寄り添って昼寝して、今の家に来てからは、しょっちゅう一緒にベッドで眠っていました。
息子が生まれてからは、片手間に話しかけてあげる事ばかりだったので、同じ目線で過ごすことが少なかったよね。ちょっとでも昼寝時間がマイキーの癒しになるといいなと思います。



さてさて、こんな感じです。
次から次へと問題が起きましたが、一回悩んで、あとは自分で解決策を見つける!
これはマイキーやヘビズが前々から私を訓練してくれたおかげで身に着いた強さだと思います。
4息子みんなを完璧に世話することなんてできないけど、大事にする気持ちは諦めないでおこう。
どの子も皆大好きだなあと再確認した今日この頃でした。足りない母でごめんね、ありがとうね息子たち。
でも三度の飯より寝るのが好きな私にとって睡眠不足ほど辛いもんはないという事もよくわかりましたぁ!(はいはい)

……ん?
話に出てこなかったシマちゃんはどうしてるかって?
彼は先日脱皮をしましたよ! ホラ!

i-sima-42.jpg

モーツァルトみたいでしょ★★★

ヘトヘトな母ちゃんを癒してくれた長男シマちゃんなのでした。
ありがとうね、君のこともすっごく愛してるよ。

次回はむじろう実家に伝わる秘伝のトイレマナーについてのお話をしようかと思ってます。
なんだそれと思うでしょうが、Gさんが絡むので話が明後日の方向に飛んでくことは必至!
こうご期待! アビアントー!



ぽちっと押していただけると励みになります

category: いきものと

thread: ☆多頭飼い☆ - janre: ペット

tag:   シマヘビ  カラスヘビ  甲斐犬    散歩  赤ちゃん  生後4か月  乳児湿疹 
TB: 0    CM: 0

荒ぶる妊婦の巻 

まじろう

こんにちは、北野武監督の『龍三と七人の子分たち』が観たいまじろうです(急に何よ)



まじろうの無意味な呟きシリーズ:13
~荒ぶる妊婦の巻~




相変らず計画性のない我が家、GW見事に予定がすっからかんだったところに、むじろうのお友達が遊びに来てくれたり、苺狩りドライブに誘ってくれたり、母上がランチバイキングに行きたい!と言ったり、他国のお友達が妊娠したらしく、報告ついでに会いたいよ!と言ってくれたりして、次々と予定を作ってくれました。私はボッチですが、むじろうは人望があります。
やる気が出てきたので、映画も行っちゃおうかな!
誰を誘おうかな? でも癖の強そうな映画だから大丈夫かな?!(私のセレクトはいつだって癖が強いけどな!)

あれはむじろうと付き合って1か月しない頃のデートの時。
私の希望で観に行ったギレルモ・デルトロ監督の『パンズ・ラビリンス』が「カップルで行かない方がいい映画ベスト1」になっていたのは良い思い出です。
素敵なキャラクター↓
i-other-108.jpg
いいんだよ! あれは素晴らしい映画だからいいんだよ!

そういえば我が家の系譜には「付き合いたてのデートで三部作映画を観に行く」というジンクスがあります。

むじろう両親は『スター・ウォーズ エピソード4』。
まじろう両親は『ネバー・エンディング・ストーリー1』。
私達夫婦は『トランスフォーマー1』。


子供夫婦がゲーマー・オタク趣味なのがモロバレな件(今更)
ちなみに最近一番興奮したのはギレルモ・デルトロ監督の『パシフィック・リム』です。
次点でスタローンの『エクスペンダブルズ3』かシュワちゃんの『ラストスタンド』かな(暴力・暴力・また暴力!)
こんなラインナップを観ながら、生まれる子供用の肌着・よだれかけ・ハンカチを作っていますが、一応縫い目は荒れずに済んでいます(暴力的な肌着って何)
i-other-109.jpg

こんな状態なのに、母親学級とか近所での雑談の中で「胎教に良い事してますか?」と尋ねられることがありますが、答えに窮するよね。
でも私が楽しければそれでいいじゃないのってことで!
『エイリアン2』と『ターミネーター2』を観て面白過ぎて感涙してたっていいじゃないの!(それはわからない)



さて、ついでに最近ご無沙汰なマイキーの近況とちょっと真面目な話。

偶然にも周りから痛ましい話を聞く回数が多かった最近。
栄養が足りないとわかっているのに、給餌が気持ち悪いからと十分な餌を与えられないまま死んでしまった爬虫類の話とか。
赤ちゃんが産まれてから、躾も散歩もしてもらえずに近所で「馬鹿犬」と疎まれてしまっている犬の話とか、ストレスで円形脱毛症になったり異食症になってしまっている大型犬の話とか。
自分で餌を上げるのが面倒だからと親に頼んでやってもらってる典型的な子の話とか。
病気なのに旅行中に長期間家に置いて行かれる猫の話とか。

完璧な飼い主なんて誰だって無理でしょう。
でも飽きっぽいとか興味本位とか出来ることをしないっていうのは、何に関しても気を付けようと思ってるのですが、こと生き物に関することではマジで駄目じゃね?
あとで面倒がるならそもそも飼うんじゃないよ! と言ってやりたい。
自分が自分に飼われたら安心できるか仮定してみろと!(難しい想像)
飼い主に権利がある以上、部外者が口をはさむことじゃないんですが、こういうことは話を聞くだけで胸が痛いもんですね……。

片や、「面倒くさい面倒くさいw」と言いながらも、30年もの間、拾った亀や掬った金魚を大切にしている素敵なお宅もありました。
そのお宅にも大型犬がいるのですが、お孫さんが遊びに来るたびに寂しそうにしているもんだから、躾はしつつも「大丈夫だよ、不安にならないでいいんだよ」と必ず何度か声をかけてあげているそうです。
「うちはこんなことしかできなくて、これでいいのかなって心配になるんだ。マイキーも赤ちゃんにヤキモチ焼いちゃうかな? お互い頑張ろうね」とおっしゃっていました。
その飼い主さんは「こんなことしか……」と本当に自信がなさそうに不安そうに言うけど、声掛けしたり、自分を省みたりするだけでも素晴らしいじゃないか!
いつも見てるけど犬のためを思った躾だから大丈夫だよ! 犬はルールを作って導いてあげた方が心が落ち着くってシーザーも言ってたよ、自信もって! と私の方がワタワタしてしまった。
豪勢なプレゼントや我儘を許すことよりも、飼い主側の日々の小さな積み重ねこそが大事だなあと、こちらこそ初心を思い出しました。


3歳になって、犬仲間の中でもお兄ちゃん感が出てきたマイキーですが、家ではまだまだ赤ちゃん。
外の人前・犬前では、犬特有のヤキモチ(飼い主が他の家の犬を撫でると嫉妬して割り込んでくる)とかは全然焼いてくれませんが、家族しかいない場所だとデレデレの甘えん坊です。
この辺のツンデレ具合は私に似ちゃったなという感じ。すまんマイキー。
一方、何をされてもこちらを信用して身を任せてくれる大らかさはむじろうに似たようです。
もちろん、マイキーが本来持っている優しさや賢さがベースであり、こんな飼い主に飼われてる割に良い子になってくれました(性格の良さで犬に負けている)

私が妊娠してることに気が付いてる様子はないのですが、8か月の現在まで、散歩の歩調が非常にゆっくりになっても辛抱強く付き合ってくれています。
たまにお友達犬を見つけて興奮してしまう事はありますが、それ以外は以前の半分ほどになってしまった速度に合わせてゆっくりゆっくり隣を歩く。
んで、たまに何か嬉しい気持ちになったのか、私の顔を見上げてニコニコしてくれます。
頭を撫でると更に嬉しそうに尻尾を振る。
無性に愛おしくなって抱きしめると、素直に腕を首に回して抱き着いてくれる。
つわりがひどい時も、この子と散歩している時だけは具合が良くなるので、延々と歩き回っていたこともありました。
色々ある妊娠生活、むじろうはもちろん、母や友達、同僚の優しさや思いやりのおかげでここまでこれましたが、傍で長時間支えてくれた影の功労者はマイキーだね。

バーバに抱っこされてご満悦↓
i-mikey-150.jpg
カモに尻尾振って遊びたがる↓
i-mikey-151.jpg
雨の日の散歩は憂鬱なんだよね↓
i-mikey-152.jpg

文句も言わずにいつだって支えてくれるマイキー。不安な思いはさせたくないな。
あとむじろうとヘビズね!
もう春真っ盛りだっつーのにクロが飯食わねえんだよ!(4年経っても同じことで悩んでる)
完璧には出来ないと思いますが、むじろうも異種混合の息子たちも、それぞれを大事にしたいという心構えはずっと持っていこうと思いました。



今回はとりとめもないつぶやき話でしたが、次回はヘビズの子育ての続きを書こうと思います。
現在進行形でまたも拒食しているクロはどうにかならんかね!
母ちゃんマジで心配なんだから食べておくれよ!

それではまた近々、アビアントー!



ぽちっと押していただけると励みになります

category: つぶやきと

thread: ☆多頭飼い☆ - janre: ペット

tag:   甲斐犬  散歩 
TB: 0    CM: 0

吾輩はダメ人間であるの巻 

まじろう

こんばんは、東京大学の忠犬ハチ公像の完成写真を見たら涙がボロボロ出てしまったまじろうです。
涙もろいにもほどがあるだろうとお思いでしょうが、この公式サイトの写真を見てご覧なさいよ!(東大ハチ公象の公式ページ) 
あたしゃ動物モンには本当に弱いんだよ!(婆さん)

今度の銅像は、待っているハチ公の姿ではないんですよね。
やっと会えた飼い主の上野博士に笑顔で抱き着くハチ公と、それを受け止めにいく博士の銅像なんですね。
上野博士が亡くなってから約10年間、ずっとその帰りを待ち続けて、でも結局会えなくて、博士の死後90年目にしてようやく抱き留めてもらえたっていうのが切なくて切なくて。
「良かったねえ」と思いつつ、ニュース見てボロ泣きしてしまいました。
嫌だね、年取ったら本当に涙もろくなった(オリンピック見て泣くしな)



さて今日は近況報告。
我が家の忠犬はといえば、私の気持ちが悪い時は傍についててくれるし、散歩が遅れても文句ひとつ言わないで待っててくれるし、良い子でいてくれております。
身体が辛くて午前中は起きられない時もあるので、昼まで散歩を待たせてしまうことがあるのですが、私が起きたら嬉しそうに寄ってきて顔を舐めてくれてね、準備ができるまで催促もしないで待っててくれるんですよ……! ごめんねマイキー!!!

「お散歩うれしいのー」
i-mikey-148.jpg

犬の催促・要求・決断を受け入れてしまっては主従が逆転してしまってしつけにならないし、オーダーを与えないと犬は腐ってしまうので、私達の方針的にはこの状態が正しいのですが……、つくづくいじましい生き物だよね犬ってさ!
飼い主の生活に、文字通り一生懸命についてきてくれるんだよね。
滅私の精神で尽くしてくれるこの子には、良い飼い主でありたいし、生涯安心して暮らせるように大事にしたいです。

しかし、最近は私がいつも家にいるものだから留守番する機会が減り、ドッグランに行く機会も減ってストレスが溜まっていたのか、留守番ができなくなってきました。
生活リズムが代わるたびに留守番のしつけがやり直しになるのは中々グッタリしますが、諦めたらそこで試合終了なんだぜ(最近もっかい『SLAM DUNK』読んでんのよ)
なので、金曜~土曜にかけて、いつものドッグラン方面に足を運び、いつもの馴染のお友達に会えるようにしたら、驚くほど留守番マナーも回復しました。
寒くて皆もランに来る時間がバラバラで中々会えなかったらしく、お互い嬉しそうなこと嬉しそうなこと。
やはり慣れ親しんだ場所で、「疑似群れ」の皆に会うと落ち着くんですね。
つくづく犬が縄張りを持って集団行動をする生き物だと再確認したのでした。

仲良しのモモちゃんと1時間お散歩し、ゾーイちゃんと2時間ノンストップで遊んで、帰りにシュウちゃんに会った翌日、ネムネムのマイキー(全力出し過ぎ)、楽しかったねえ!↓
i-mikey-149.jpg

ヘビズは段々春を感じ始めているようです。
シマは今春一番のマウスを食べてくれたのですが、クロちゃんは何度かマウスに飛びかかって意欲を見せたものの、的を2~3回外したらやんなっちゃったらしく、食べてくれません。
ウンチとオシッコだけはよくするんだけどな!
結局一度は食べたシマちゃんも2週間絶食中。
もうさあ! 1月~3月の君らは本当にハラハラさせてくれるよねいつも!(4回目の春になっても慣れない飼い主)


私自身は、妊娠中で腹は重いし、胃が圧迫されて飯は嬉しくねーし、眠気が四六時中とれねーし、と三拍子揃ったダメ人間状態でございます(あれ、半分くらい元からじゃね?)
仕事もしてないから手持無沙汰で仕方ないよ!
マイキーとの散歩で毎日平均8km歩いていたら、母上に「あんたみたいに歩き回る妊婦はおらん」と言われる始末。
だって、なんか生産性のあることしてないと自分に生きてる価値がないような気がするんだよ!

でも、特に仕事があるわけでもないマイキー、生産性で言ったらマイキーの足元にも及ばないヘビズなど、彼らはそこに存在するだけで価値があるんですよね。
3匹とも一度や二度は脱走したことがありますが、それを思い出すたびに今ここに居てくれて本当に良かったと日々思います。
あん時一か八かで戻ってきてくれて本当に良かったよ……!(そのエピソードを早く書けよ!)
それを自分にも当てはめて考えりゃいいんだわな。
だがしかし私は逆立ちしても愛玩動物のカテゴリーには入れないからね。 
怠けすぎず頑張って生きていかないとね!(とりあえずブログ更新しようか)



今回は一月も間が開いてしまいましたが、また近々!
次はヘビズの赤ちゃんの頃の話でも書こうかな。
アビアントー!


ぽちっと押していただけると励みになります

category: いきものと

thread: ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆ - janre: 結婚・家庭生活

tag:   甲斐犬  シマヘビ  カラスヘビ    散歩 
TB: 0    CM: 0

世界の終わりからの巻 

まじろう

こんばんは、お久しぶりです。大好きな飼い主の女の子を庇って交通事故に遭ったのに「トラックに轢かれて死ぬなんて、ダサッ!」と言い捨てられ、「トラックに負けない猫になるんだ! 見直してもらうんだ!」というショックで地縛霊になったというジバニャンが可哀想すぎて「妖怪ウォッチ」の絵を見るたびに無駄に切なくなるまじろうです。

いやいやいや、なにこの設定ー?! 仮にも子供向けのキャラものなのに厳しすぎやしませんか!
というか、厳しい以前に人としてどうなんだその飼い主の子は!
もし自分の子供がそんなことやったら、そいつがババァになっても心の傷になるくらい己の行為の残酷さを記憶に刻みつけてやりたい(落ち着いてください)

「妖怪ウォッチ」がどういう玩具なのかも知らないのですが、その設定だけむじろうから聞いてしまったおかげで困ったものです。
何かのオマケでジバニャン柄のものを貰ったりすると、磁石だろうとコースターだろうと容易に捨てられなくなってしまいました。だってあまりに可哀想なんだもんジバニャン。なんでそんな重い過去背負ってんだよジバニャン。
くっそ、なんという恐ろしい新商法……! そりゃ売れるわけだよ!(違う)



そんなこんなで久々なので近況報告。

めまいと吐き気が止まらず、ベッドで寝たきり状態だったのですが、やっとこさ動き回るコツがつかめてきて好きなことができるようになりました。
まあ、まだいつ頭グルグルになるかわからんので来週あたりグロッキーになってるかもしれませんが、日がな一日パジャマでいるより動ける時間に好きなことした方が精神衛生に良いですね。
具合の悪くなる時間とそうじゃない時間があるのですが、見事にマイキーの夕方散歩の時間は元気になるので、お散歩は欠かさず行っておりました。マイキー、相変わらず運のいい奴である。

最近はお友達が引っ越してしまったり、亡くなってしまったりして遊び相手が減ってしまって悲しかったマイキーですが、その分新しいお友達も増えました。
先日は同い年のホワイトシェパードの子がお友達になってくれて私はとっても嬉しかったのですが、いかせん体格差がありすぎて、他の人から見ると遊んでるんだか喧嘩してんだかわかんない状態のようです。
しかもマイキーは興奮すると「きゃいーん!」って言っちゃうし、向こうの子は興奮すると「ううう~~!」って言っちゃうしで、尚更誤解が進むという。本人たちは五月蠅いながら平和に遊んでるのですが、難儀な友情です。楽しければよし!

いつもの皆と↓
i-mikey-141.jpg

ヘビズはこの寒いのにもかかわらず元気元気。
たまに無茶無茶気温の高くて日差しもある日は、籠に入れてお散歩に連れて行きます。
日向ぼっこ気持ちいいねー↓
i-sima-34.jpg

マイキーは退屈だねー↓
i-mikey-142.jpg

むじろうは仕事が忙しいけれど、健康ではあるので良し良し。
彼の場合持病が常時潜んでいるので語弊がありますがね。
何かしらの書類に「ご家族の健康状態」の項目があると困るんです。
「健康・健康ではない(病名:    )」とかになってんだもん。
「健康ではない」って、そんなバッサリ。
その二択で言うと常に「吾輩の亭主は不健康です」と宣言せねばならなくなるのでした。

そんな不健康なむじろうとの会話で今日は終了。


~ラジオ聴き中~

まじろう「あー、この曲最近流行ってんの? なんて名前のグループだっけな」

むじろう「あー、『世界の終わりから』かな」

まじろう・むじろう「トゥルットゥットゥットゥ、トゥ~ルル~、トゥ~ル~、トゥ~ル~ル~ル~♪



むじろう「違ったわ

まじろう「知ってる


後半2文字がいらなかった模様。



それではまた近々!
映画の話か母がミイラになった話でもしようかな!(後者の唐突さが酷い)
アビアントー!



ぽちっと押していただけると励みになります

category: つぶやきと

thread: 日々出来事 - janre: ライフ

tag:   シマヘビ  甲斐犬  カラスヘビ    散歩 
TB: 0    CM: 3

プロフィール

参加しています

最新記事

カテゴリ

カレンダー

天気予報

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。